毛玉を吐いてしまう猫に|猫の薬の種類を知ろう/愛猫家が知っておくべき猫の病気

猫の薬の種類を知ろう/愛猫家が知っておくべき猫の病気

毛玉を吐いてしまう猫に

白い薬

猫を観察していると、頻繁に体中を舐める仕草をしているのがよくわかります。
これは彼ら自身が毛並みの手入れをしているのですが、当然この仕草によって体毛が抜け、そのまま体内に入ってしまうことがあります。
このこと自体は大きな問題ではないですが、この仕草を繰り返しおこなうことで体内に毛玉ができてしまうのは避けなければいけません。
毛づくろいによって体内に抜け落ちた毛が溜まり、毛玉となってしまうと、消化を妨害したり、便秘や嘔吐といった症状に繋がりかねません。
最近では毛玉が体内に溜まらないための成分が含まれているキャットフードも増えているおかげで、昔に比べると毛玉を吐く猫はあまり見かけなくなりました。
ですが、すべての猫がこういったキャットフードを食べているわけではないですし、まだまだ毛玉をうまく消化できずに苦しんでいる猫はたくさんいます。

毛玉による問題を解決させるためにも、ブラッシングを頻繁におこなってあげることが有効です。
定期的に毛をすいてあげて、毛づくろいをしても体内に毛が溜まらないようにしてあげましょう。
また、ブラッシングよりも効果的なのが、ラクサペットという猫の薬を投与してあげることです。
ラクサペットは下剤の一種で、便秘や体内に溜まりがちな毛玉の処理に有効な猫の薬です。
どうしても愛猫がすぐ毛玉を吐いてしまう、という場合は購入して投与してあげるといいでしょう。